読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Negishi Takuhei

根岸卓平の演奏日程と、その後記

2016.09.04(日) 「三浦カヨ×玉置寛明×根岸卓平」 於 元町 喫茶ポエム

【出演】

三浦カヨ
玉置寛明
根岸卓平

9/4(日)は元町 喫茶ポエムで三浦カヨさん、玉置寛明さん、そして、わたしの3人会でした。

玉置さん。わたしの無茶ぶりに応えて頂いて、夏なのに、トニー谷のサンタクロースの曲をしてくださいました。前にこの曲をされているのを見て、ずっと、またみたいなと思っていたのです。玉置さんが人前に立つとみんなが「見守る」姿勢になるので、言い換えれば、誰にでも愛されるひとなんだなぁと思いました。

カヨさん。カヨさんの声や佇まいが好きで、秋の入り口にポエムで見れたらいいなと思っていました。うみうしこんなの、深海節、などのオリジナルの曲が、やっぱり善い。ご本人も、やりがいがあるとおっしゃってたのが印象的でした。カヨさんの視点と、音の合わせ方、発声の間は、すごいなと思います。来ていただいた方に「カヨさんは、リフが多くて、ロックだなと思った」と言われて、言い得て妙だなと思いました。

わたし。これまでの自分を三つのパターンに区切って、それぞれを提示する形で演奏しました。「Gossip Folks」、「Gossip Folks」以降、それからこの日から発売する「とき」という具合に。この数回の演奏では、一曲一曲を区切って演奏する、ということを強く意識していました。どれが曲の終わりか分からない、と言われたのもあるのですが、曲ひとつひとつのなかの「高揚」を意識したいなと思ったからです。一曲のなかで高揚しても、次の曲が始まるときは、静かに始まり、飛翔し、終わり、次の曲を静かに始める。そのほうが、曲の意図が伝わるのかな、なんて思っています。この日は、その課題の、ひとつの結果を出せたと思います。

帰り際、「6弦を弾かないのはなぜか」と問われ、「6弦を弾くとつまんないから」「興味がない」「弾くべきものと考えてない」と答えたら「え…」「ルート音やから、そんなんいうひと初めて見た」と言われて、驚きました。「やっぱヘンタイなんやな」と言われて笑いました。

写真を3人で撮るのを忘れたので…Twitterから拾ったものでご勘弁ください。なんとなく畏まってる自分。たぶん広瀬香美の話をしている。