読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Negishi Takuhei

根岸卓平の演奏日程と、その後記

2016.03.26(土)於 茨木 アナーキー

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/12924422_231846473835416_5739122598894459211_n.jpg?oh=386f267f05b0f2675d8d05e3760a72a2&oe=58B3DB83

【出演】
ほりゆうじ

カニコーセン
サイバーパンク演歌歌手Σ
フジウラ
赤錦穂乃花
アナーキーいたさん
根岸卓平

昨夜は茨木 アナーキーでの演奏でした。企画者のつぼたさんからお誘いを受けたとき、「ハードなソロミュージャンを集めたい」とおっしゃっていたので、いつもより緊張感みなぎる、演目を選びました。他の方々と音量も違うなか、それでも、みなさんが熱心に聴いてくださってるんだなと肌で感じることができて、すごく嬉しかったです。(「談り」の部分はもっと頭を整理して話そうと反省しきりでしたが(^_^;) )

2016.03.13(日) 「精神の海原の為のフォーク・ミュージック」 於 一乗寺 失われた時間と百年の孤独

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/10262012_222756261411104_1990381038033761766_n.jpg?oh=998d98bf7c3e22a1912a36d990394fa7&oe=58C29171

【出演】

林拓
根岸卓平

昨夜は一乗寺 失われた時間と百年の孤独さんで、林拓さんとの演奏会でした。ご来場のみなさん、ありがとうございました。

私の演奏の糸口になればなと、自身の楽曲について「談る」ということを始めました。言葉を選びながら話すと、吃るのですが、その吃りこそ、いまの自分にとって、もっともらしいものですので、しばしみなさんお付き合いください。

2016.02.24(水) 於 難波 bears

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/12472528_213409122345818_7736339348930189244_n.jpg?oh=1973b2d002db660120695ac6b672041c&oe=58C09735

【出演】
miraihajime

藤田亮+ルイ・リロイ・田中
根岸卓平

昨夜は難波ベアーズで演奏でした。即興演奏に囲まれた日(mirai
hajimeさんは前回拝見したときのような、即興というか「予測不可能」な感じかと思っていたけれど、作曲の日だったようです)。即興演奏の持つ、瞬発力のあるダイナミズムに応えるには、と私が出した回答は、間延びした、徐々に立ち上がる煙のように。私らしく言うと、「いびつな高揚感」だったわけです。

自分の演奏に、何かしらの「頂上(決してカタルシスではない)」を見せないと観てくださってる方もしんどかろう、と思っているフシがあるのですが、その頂上までの道のりや、地点から地点による、歩調の刷新。また、イビツさのために、ひらかれた演奏ではないのに、解き放たれている。高揚しているのに、苦悶。そういったことを意識しました。それぞれの逆もしかりです。本番ではヘンに忙しない気持ちになり、消化不良でしたが、何かの糸口になりそうなので、しばしのテーマにしようと思います。

2016.02.17(水) 「(非)公開その2」 於 北浜 雲州堂

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/12705363_210487475971316_4103087720961477847_n.jpg?oh=244b47860703e192602a1e7944508bae&oe=58BE4C80

【出演】
yuta nakagawa & his messengers

新世界横丁
鈴木庸聖
根岸卓平

水曜は北浜 雲州堂にて演奏でした。縁が縁を呼んで、ご一緒した方や、観に来て下さった方のなかに、活動して1年も満たない頃にお会いした方々がいらっしゃり、再会を果たす、不思議なひと夜でした。

「Gossip Folks」以前と以降のものには、大きな隔たりがあり、それはそれは大層な断絶なのですが、それでも静かに馴染んでいくのかもしれません。森田さんにギターケースを誉めて?もらえたのも嬉しかったです。